PowerPoint、Keynote、Gppgle スライド、 などのプレゼンテーションソフトウェアを画面共有したいと思ったとき、スライドショーを開始すると、全画面表示になってしまい、Zoomに戻れないので、画面共有したくてもできないという問題があります。

Windowsであれば、Alt + Tab で起動しているアプリを表示して、切り替えたいアプリを選択して、Zoomを全面に出すことができます。

この方法では、

  1. プレゼンテーションを開始
  2. Alt + Tab を押す
  3. Zoomを選択する
  4. 「共有」ボタンをクリックする
  5. PowerPoint のスライドショーをダブルクリック

この5つの操作が必要になります。

もう少し操作を単純化したいときには、Zoomの設定を変更してみましょう。

Zoomのデスクトップクライアントで、右上の歯車マークをクリック

設定画面が表示されたら、「キーボードショートカット」から、「画面共有を開始/停止」の行にある「グローバルショートカットを有効にする」のチェックを付けます。

これにより、どのアプリを開いている時も、
Windowsなら、Alt + S
Macなら、Command(⌘)+Shift+S
で、Zoomの共有画面を選択するウィンドーが表示されます。

ここで、プレゼンテーションのウィンドーをダブルクリックすれば、プレゼンテーションの画面共有ができます。

このキーボードショートカットの設定をしておけば、

  1. プレゼンテーションを開始
  2. Alt + S を押す
  3. PowerPoint のスライドショーをダブルクリック

この3つの操作で、プレゼンテーションを画面共有できますね。

Zoomのキーボードショートカット、ぜひ、有効活用して下さい。