主催者が参加者のパソコンをリモート制御して、参加者の分からないところをサポートすることができます。

実際に、参加者のパソコンを操作して、代わりにやってあげたりすることもできます。

 

「サポート」ボタンをクリックすると・・・・

デスクトップの生業を要求します

アプリケーションの制御を要求します

コンピュータの再起動を要求します

この3つが表示されます。

 

参加者は、要求を承認すると、主催者が参加者のパソコンを操作できるようになります。

デスクトップの制御は、ほぼすべてのパソコン操作を可能にします。

アプリケーションの制御は、そのアプリケーションだけの制御を可能にします。

 

以前は、リモートコントロールをするためのソフトウェアは、かなり高額で売られていました。

今は、ZOOMを使って、簡単にできてしまうんですね。