ZOOMは、パソコン、タブレット、スマートフォンのいずれからも使用することができます。

ZOOMに必要な機材は、パソコンを使うか、タブレットやスマートフォンを使うかによって異なります。

iPadなどのタブレット、または、iPhoneなどのスマートフォンで行う場合は、それ単体でZOOMに参加することができます。

ただし、ZOOMには、パソコンでのみ有効な機能がありますので、できれば、パソコンを使用したほうが良いでしょう。

パソコンでZOOMを使う場合に必要な機材

カメラ内蔵のノートパソコンであれば、マイクも付いていますので、ノートパソコン単体で使用することができます。

問題は、カメラもマイク付いていないパソコンの場合です。

市販のWEBカメラは、マイクも内蔵されていますので、WEBカメラを買ってパソコンにつなげばいいでしょう。
これだけあれば、快適にZOOMを使うことができます。

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270

Amazonの価格は、1,000円ちょっとです。


カメラによっては、ドライバーというソフトウェアをインストールする必要があります。

ただ、この商品は、とても人気があるみたいで、Amazonのプライム会員専用です。

 

Amazonのプライム会員でない方は、右側の欄にあるビックカメラから購入すると、送料がかかりますが、同じ金額で購入できますね。

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270 はこちらから購入できます。

 

 

マイクは、WEBカメラのマイクを使用しても構いませんが、周りの雑音を拾いづらい指向性マイクを使うと、音がクリアになります。

音声にこだわりたい方は、使ってみてください。

ソニー SONY コンデンサーマイク モノラル/PCボーカル用 USB接続対応 マイクスタンド付属 ECM-PCV80U

Amazonの価格は、3,000円ちょっとです。


指向性マイクを使うと、普通にスピーカーから音を出しても、ハウリングすることは少ないでしょう。

カメラ付属のマイクでも、ハウリングすることは少ないですが、どうしてもハウリングするようであれば、ヘッドホンやイヤホンを使用して、パソコンから出力される音をマイクが拾わないようにしましょう。

マイク付きのヘッドホンという選択もいいですね。

パソコンで使うヘッドセットは、できるだけ無線タイプのものをオススメします。

ケーブルがブラブラしていると、特にカメラを切り替えて手元を見せたい場合など、かなり目障りです。

性能が良くて、お手頃な価格で購入できるオススメのヘッドセットは、こちら。

LOGICOOL ワイヤレスヘッドセット H600

Amazonの価格は、4,000円ちょっとです。


【注意】

下のような商品。

折りたたみ式のおしゃれなオンイヤーマイク付きヘッドホンですが、ケーブルの先端が、3.5mm 端子1つしかありません。

AILIHEN C8 ヘッドホン イヤホン 折り畳み式 高音質 (ブラックブルー)

Amazonの価格は、2,000円ほどです。

ところが、この商品はスマートフォンにつなぐとヘッドホン&マイクの機能を果たします。

普通、パソコンは、イヤホンの端子とマイクの端子が分かれている場合が多いですね。

このようなマイク付きヘッドホンをパソコンでヘッドセットとして使用する場合には、別途下のような変換ケーブルが必要です。

サンワサプライ ヘッドセット用変換アダプタケーブル(4極メス->3極オスx2) 黒 KM-A24-005

Amazonの価格は、700円ちょっとです。