会社の規則などで、ダウンロードしたアプリをパソコンインストールできないこともあります。
そんな時には、ブラウザからZOOMミーティングに参加することもできます。


 

パソコンにZOOMアプリをインストールできないとき、したくないときは、WEBブラウザからZOOMを使うこともできます。

ただし、これは、ZOOMミーティングのホストが、「WEBブラウザから参加してもいいよ。」という設定をしなければなりません。

まず、ホストが、どこでこの設定をするのか・・・

 

マイミーティング設定を開き、ず~っと下の方。

 

 

「ブラウザから参加する」リンクを表示しますという項目をONにします。

 

参加者の方は、ホストから教えてもらった招待URLをクリックします。

すると、まずはZOOMアプリがダウンロードされます。

ここで、ダウンロードされたファイルをクリックすると、ZOOMアプリがインストールされてしまうので、ダウンロードされたファイルはクリックしません。

「ダウンロードできませんか?こちらをクリックして参加することもできます。」という文章の「こちら」をクリックします。

 

ミーティングに参加するときの名前を入力して、「 参加 」ボタンをクリックします。

 

ブラウザで使うZOOMはこの記事の執筆時点では、すべて英語表記です。

音声のやり取りに電話を使うときの国を選択する画面ができます。

電話で音声をやり取りするときは、国を「日本」にしますが、パソコンのマイクとスピーカを使用するときは何もしなくて結構です。

 

通常は、パソコンのマイクとスピーカを使うので、「 Join Audio by Computer 」をクリックしてください。

 

マイクの使用許可が表示されたら、「許可」をクリックします。

 

Qualityのボタンで、カメラの解像度を設定したり、ビデオをOFFにすることもできます。

解像度の設定は、アプリではできませんね。

 

招待ボタンをクリックすると、下のような画面になりますが、これは、アプリとほぼ同じです。

 

他にも、Mute(ミュート)、Participants(参加者)、Chat(チャット)ボタンがありますが、アプリと同じです。

ブラウザでZOOMを使う場合、画面の共有はできません

 

 

ZOOMアプリがインストールされているか、または、ホストが「ブラウザから参加する」リンクを表示しますをOFFにしていると、ブラウザから入るためのリンクは表示されません。