パワーポイントを画面共有したけど次のページに移動しない。
そんな声をよく聞きます。
そんなとき、焦りますよね。


 

ZOOMの画面共有機能を使って、パワーポイントの資料を見せようと、張り切って画面共有を開始。

さあ、次のページに行こう!と思って、キーボードの下矢印や右矢印を押したのに、ページが進まない!

あれ?なぜ?

パワーポイントは、矢印キーでページが進んだり戻ったりするはずなのに!

本番中に、こんなトラブルに見舞われてしまったら、それは焦りますよね。

 

でも、これは、パソコンの基本を理解していれば、すぐに解決できる問題なのです。

 

例えば、パソコンで、ワードとエクセルを両方開いたとします。

通常は、ワードを後ろ側にしたり、前に出したり、エクセルを後ろ側にしたり、前に出したりするので、今はワードを使っている、今はエクセルを使っているということが明確です。

 

では、一つの画面の中に、エクセルとワードを並べて表示したときはどうでしょうか?

 

エクセルに数字を打ち込もうとして、「1」のキーを押したのに、ワードに「1」と表示されてしまうなんてこともあります。

これは、ワードにフォーカスが当たっているからですね。

こんなふうに、一つの画面に複数のアプリを並べて使うときには、今、どのアプリを扱っているのかを意識しながら使う必要があります。

 

ZOOMの場合も、これと同じです。

ZOOMで画面共有をするということは、扱っているのは、ZOOMです。

 

画面共有をして、一見、パワーポイントを扱っているように見えますが、上の方にZOOMのボタンが見えていますね。

まだ、扱っているのは、ZOOMなんです。

パワーポイントのページを矢印キーでページを進ませようとしても、ZOOMに対して、矢印キーを押している状態になるので、なにも起こりません。

 

なので、マウスで一回、パワーポイントの部分をクリックしてあげます。

これで、フォーカスがパワーポイントに移ります。

パワーポイントにフォーカスが移れば、矢印キーでページを進ませることができます。

 

今、扱っているアプリは何なのか?

それを意識することで、画面共有中にページが進まない!と焦ることはなくなります。