ホームページもSSLで暗号化することが大切ですが、メールもSSLで暗号化しましょう。
そんな意識がなかったころの私の悲劇のお話しです。


 

今からちょうど15年前のことです。

仕事半分、観光半分でロンドンに行った時、どうしても日本のクライアントにメールを送る必要があり、ネットカフェを探しました。

運良く宿泊していたホテルの近くに小さくて、暗くて、ちょっと怪しげなネットカフェを見つけ、そこの店員さんに自分のパソコンを持ち込んで仕事をさせてほしいと頼み込みました。

internetcafe

 

やっと落ち着いてパソコンを使える場所を確保できたことに安堵して、日本のクライアントと何通かのメールをやりとりしました。

数日後に帰国し、自宅のパソコンでメールを開くと、受信トレイは、海外からの迷惑メールでいっぱい!!

そのころの私には、まだ、インターネット上を流れるデータを暗号化しなければならないという意識はありませんでした。

海外でメールを使うと、帰国してから迷惑メールが増えるんだという、ただ、それだけの認識でした。

 

今は、Gmailを使っている人が多いですょね。

Gmailを使えば、どんな設定をしてもメールを暗号化して送信するようになっているので、海外でメールを使っても安心です。

 

今、ホームページで情報をやりとりするときにも、ちゃんと暗号化してね!という流れになっています。

それが、ちょっと前に書いた記事「あなたのホームページ、httpsになっていないとヤバいです!

暗号化されていないホームページを、Google Chromeで見ると、警告っぽい表示がされるようになりました。

 

暗号化されていないホームページ、つまり、URLがhttps:// になっていないホームページで、お問い合わせメールフォームから、メールアドレスなどを送信してしまうと、私がロンドンのネットカフェからメールを送ったときのような状態になってしまいます。

あなたのホームページが、https:// になっていないと、あなたのホームページからお問い合わせをしてくれた人に迷惑がかかってしまうかもしれません。

 

今、お問い合わせフォームやショッピングカート機能を持ったホームページがほとんどです。

そんな機能を持つホームページは、必ず、https:// で始まるホームページにしてください。

これについて、困っている人が多いようなので、無料説明会&相談会をしようと思います。

 

  • httpsになっていないホームページは、なぜ危険なのか?
  • 実際、どんな時に、どんなふうにデータを抜き取られるのか?
  • httpsにするのに、お金はかかるのか?
  • httpsにするには、どうしたらいいのか?
  • ホームページを作るときのちょっとしたコツ
  • 今、ホームページのアクセス数を落とさないため、https にする以外に何が必要か?

 

ただ、ご自分のホームページが、https になっていない場合、この説明会だけでは、解決には至りません。

環境やホームページの作られ方によって、ホームページをSSLに対応させる方法がまったく違ってくるからです。

そのため、この説明会&相談会のあとに、個別相談のご案内もします。


開催日程とお申込み

SSL無料説明会&相談会

講師:小川 貴弘
日程:

2018年08月17日(金曜日) 16時00分~17時00分

受講料:

無料

会場:

ZOOMオンラインミーティング

インターネットに繋がるパソコン、スマートフォン、タブレットで受講できます。