ZOOMでミーティングを録画しているとき、画面共有をすると、フォーカスのあたっている人の映像が右側に映っていますね。
これを消す方法をクラウド記録の場合、ローカル記録の場合で説明します。


 

ZOOMでミーティングを録画すると、画面共有しているとき、フォーカスのあたっている人の映像が右上に表示された状態で、動画データが出来上がります。

でも、フォーカスのあたっている人の映像が資料の上にかぶってしまい、ちょっと邪魔だなって思うこともあるでしょう。

 

録画データで画面共有時に誰かの映像が表示されないようにする方法があります。

クラウド記録の場合

「マイミーティング設定」を開き、「記録」タブをクリックします。

 

「サムネイルを共有時に記録する」のチェックを外します。

 

これで、クラウドに記録された動画データでは、画面共有時に誰かの映像が映ることはなくなります。

ローカル記録(パソコンに録画)の場合

ZOOMの起動画面の右上の歯車アイコンをクリック。

 

設定画面が開いたら「レコーディングしています」をクリックします。

 

「画面共有時のビデオを記録」のチェックを外します。

 

これで、パソコンに記録された動画データでは、画面共有時に誰かの映像が映ることはなくなります。

表示させたり消したりもできます!

ローカルに記録している場合は、画面共有時にフォーカスのあたっている人の顔を表示したり、消したりとその場で切り替えることもできます。

画面表示しているとき、マウスカーソルを画面の上の方に持っていくとメニューが出てきます。

「詳細」をクリックして・・・

「ビデオパネルの非表示」⇔「ビデオパネルの表示」で、切り替えられます。

 

ただし、最初から表示させないようにするには、設定で行うのが良いでしょう。

また、ここで、「ビデオパネルの非表示」にしても、クラウドに録画したデータでは、フォーカスのあたっている人の映像は消えません。