ZOOMでパソコンにレコーディングをすることも多いと思います。
画面共有をしたときの動画データを見ると、資料の上に参加者の映像がかぶってしまうんですよね。
こんなときどうするのかというお話です。


 

ZOOMのレコーディングで、パソコンにデータを記録する場合、クラウドに記録するときとは、録画される映像が少し違います。

特に、パソコンに記録した動画を見てみると、画面共有をしたときに、参加者の映像が資料の上にかぶってしまい、資料の右端が見えない状態になります。

 

これを回避するには、2つの方法があります。

参加者の表示を設定で切り替える方法

一つは、資料と参加者の顔がかぶらないように録画するよう設定する方法。

ZOOMの起動画面右上にある歯車ボタンをクリック。

 

左のメニューから「レコーディングしています」を選択します。

ここで、下の2つのオプションで設定を行います。

□画面共有時のビデオを記録

□録画中に共有された画面のとなりにビデオを移動してください

 

□画面共有時のビデオを記録

ここににチェックをつけると、記録された動画に参加者の映像も入ります。

チェックを外すと、参加者の映像は動画には入りません。

 

□録画中に共有された画面のとなりにビデオを移動してください

ここにチェックをつけると、資料が少し小さくなり、参加者と資料がかぶらなくなります。

チェックを外すと、資料の上に参加者の映像がかぶります。

共有した状態で、参加者の表示、非表示を切り替える方法

もう一つは、画面共有をしているとき、録画データに参加者の映像を表示させたり、消したりできる方法です。

共有している時、画面の上にカーソロを持っていくと、ボタンが表示されます。

「詳細」の中から、「ビデオパネルの非表示」をクリックします。

 

これにより、資料を共有している人の画面からも、参加者の映像が消え、録画データにも、参加者の映像が入りません。

再度、参加者の映像を入れたいときには、同じ場所にある「ビデオパネルの表示」をクリックします。

 

設定で行う方法と、画面共有中に切り替える方法。

パソコンに記録するときの画面共有時の録画は、この2つを組み合わせて、行ってください。

 

ZOOMで作る動画撮影&編集&配信セミナーでは、ZOOMで録画したデータの活用方法を詳しく説明しています。

  • ZOOMで録画するときの様々な設定
  • 録画したデータを編集する方法
  • そのデータをどう配信するのがいいのか
  • 配信するときのセキュリティ