パソコン内蔵のカメラは、画質や音質に満足できないことがあります。
もう、パソコン内蔵のカメラは使わないということであれば、そのカメラを無効にすることもできます。
 


 

ZOOMでは、カメラを切り替えながらミーティングを行うことができます。

ZOOMを起動した時、前回選択したカメラ設定が引き継がれますが、もう、パソコン内蔵のカメラは使わないから選択肢から削除したいという場合、パソコン内蔵のカメラを無効にすることもできます。

 

ここでは、Windows10をベースに説明しますが、Windowsであれば、デバイスマネージャーの開き方が異なるだけで、設定方法は同じです。

まず、スタートボタンを右クリックして、デバイスマネージャーを選択します。

右クリックでデバイスマネージャーが表示されないときには、「検索」から「デバイスマネージャー」と入力すると、選択できます。

 

イメージングデバイス、または、カメラの下層に、パソコン内蔵のカメラが表示されています。

それを右クリックして、「デバイスを無効にする」を選択して下さい。

 

デバイスを無効にした後は、再起動を要求されますので、パソコンを再起動して下さい。

これで、パソコン内蔵のカメラが選択肢に表示されなくなります。