先日、あるミーティングに参加しているときのこと。
話題が重要な箇所に差し掛かったので、レコーディングをしたほうがいいと思い立ちました。
で、「これ、レコーディングしましょう。」と提案したのですが、誰も、レコーディングできないんです。
不思議に思って、参加者一覧を見てみると・・・
誰もホストじゃない!
なぜ、そんな事が起こるのか?
事前に、どうするべきだったのか?


 

ZOOMは、ホスト不在の状態でもミーティングを開催することができます。

アカウントの所有者がスケジューリングしたミーティングで、「ホストの前の参加を有効にする」にチェックを付けてあれば、参加者は、ホストがいなくてもミーティングに参加できます。

そのとき、参加者リストを見ると、ホストが不在だということが分かります。

こんなときに、ホストしか使えない機能を使いたい場合は、「参加者」ボタンをクリックして、参加者の一覧を表示するウィンドーで「ホストの要求」ボタンをクリックします。

 

すると、ホストキーを入力するウィンドウが表示されます。

ここに、ホストキーを入力すれば、ホストになることができます。

 

ホストキーは、アカウントの所有者が、「マイプロフィール」のページから見ることができます。

 

ホストキーの欄にある「表示」をクリックすると、6桁の数字が表示されます。

これが、ホストキーです。

 

これは、普段、ZOOMのミーティングを開催するとき、サポートをしてくれる人に教えておくと便利です。

万が一、自分がミーティングに参加できなくても、その人が代わりにホストとして、ミーティングを開催することができます。

このホストキーは、任意のタイミングで変更することも可能です。