こんにちは。
ZOOMアカデミージャパン・テクニカルサポートの小川です。
「同時に二つの部屋を作って、それぞれの部屋の様子を録画したい。」
そんなお問合わせがありました。
みんな、さまざまな方法でZOOMを使ってるんだな~と嬉しくなりますね。


 

一人が、同時に2つの部屋を作るには、2つの方法があります。

  1. アカウントを2つ取って、それぞれのアカウントでミーティングを立ち上げる。
  2. ひとつのミーティングを立ち上げ、その中でブレークアウトセッションを使う。

 

アカウントを2つ取る場合、両方を有料アカウントにして、それぞれでミーティングを立ち上げれば、両方でクラウド録画ができます。

これが、一番シンプルで簡単な方法ですが、有料アカウント2つ分の料金がかかってしまいます。

 

 

そこで、片方を有料アカウント、もう一方を無料アカウントにするということが考えられます。

無料の方は、パソコンにしか録画できないので、主催者が1台のパソコンしか持っていない場合、双方の部屋に行ったり来たりすることができません。

ただし、他の誰かのパソコンに、ミーティングを録画してもらえば、OKです。

でも、無料アカウントの方は、3人以上で参加すると、40分で切れてしまいますが・・・。

 

他の誰かにミーティングを録画してもらうことができるのであれば、ブレークアウトセッションを利用する方法もあります。

まず、最初にメインセッションで、部屋数分の録画担当を決め、そのままパソコンへの録画を開始してもらいます。

それぞれの担当者を別々のブレークアウトルームに割り当ててあげれば、そのまま録画が続行されます。

 

 

パソコンに録画する場合は、パソコンの画面に写ったままの様子を録画できるので、メインセッションにいても、ブレークアウトセッションにいても、そのまま録画が続行されます。

 

ミーティングの終了後、それぞれの録画データを送ってもらわなければなりません。

そこは、ギガファイル便などのファイル転送サービスを使うと便利ですね。

 

募集中のセミナー・サービス