WEBカメラは、いろいろなメーカーが出していて、それぞれの機種で映り方に癖があります。
その中でも、今回は、Logicool(ロジクール)のC922というカメラを買ってみたので、C270とC922の映り方の違いなどをご紹介します。


 

ZOOMでオンラインセミナーをする時に、どんなWEBカメラを買ったらいいのかというのは、なかなか難しい問題です。

WEBカメラを選ぶときの基準は「解像度」なのか???と思いきや、そうでもないんですね。

Logicool HDウェブカメラ C270

Logicool C270は、安価な割に画質がきれいなWEBカメラです。


 

解像度は、1280 x 960 の120万画素です。

画質はとてもきれいですが、解像度が大きくないので、狭い範囲しか映すことができません。

そのため、顔が結構大きく映ってしまいます。

文字の映り方も見せたかったので、あえて、チュッパチャップスのTシャツを着て映りました(笑)

 

下の画像は、C270で映し、ZOOMのビデオ設定で「HDを有効にする」のチェックを外した状態です。

 

下の画像は、C270で映し、ZOOMのビデオ設定で「HDを有効にする」のチェックを入れた状態です。

文字が、少しくっきりしていますが、「HDを有効にする」のチェックを外したときと、それほど差がありません。

 

Logicool C922 プロ ストリーミング ウェブカム(三脚付き)

Logicool C922 プロ ストリーミング ウェブカムは、ロジクールの中でも、中くらいの機種です。

解像度は、1920 x 1080 の200万画素なので、広い範囲を映すことができます。

顔を少し小さめに映したいのなら、解像度の高いカメラにしましょう。

 

下の画像は、C922で映し、ZOOMで「HDを有効にする」のチェックを外した状態です。

実際には、もっと顔を小さくすることができますが、そうすると広範囲に映ってしまい、バックの布が覆っていない部分まで映ってしまいます。

そのため、ソフトウェアで、わざわざ顔を大きく映すような設定にしています。

 

下の画像は、C922で映し、ZOOMのビデオ設定で「HDを有効にする」のチェックを入れた状態です。

かなり自然の色に近く、文字もくっきり見えますね。

 

で、結局どっちを選べばいいのか?

C270は、Amazonで買うと、1300円ほどで買うことができます。(2018年10月24日時点)

とても、安価なカメラですが、画質がきれいなので、Amazonのレビューがとてもいいですね。

 

目の前に設置すると、顔が大きめに映ることが難点ですが、距離を調整できるのなら、コストパフォーマンスは最高のWEBカメラです。

また、安いので、メインのカメラが壊れた時や、2台のパソコンに一つずつのカメラをつないで使いたい時など、予備として持っておくのもいいですね。

私も、C270は、2つ持っています。

 

C922は、Amazonで買うと、8,500円ほどです。(2018年10月24日時点)

画質は値段相応に、とてもきれいです。

広範囲を映せるので、ヨガ、筋トレ、ダンスなど、動きのあるようなセミナーをするのには最適ですね。

もちろん、普通のセミナーでも問題ありません。

三脚も付属しているので、カメラを置くための場所を選びません。

WEBカメラとしては珍しく、三脚に取り付けるためのネジ穴があるのも便利です。

WEBカメラのネジ穴

 

メインカメラとして、C922を使い、予備のカメラとして、また、手元を映したりするときのカメラとして、C270を使うといいですね。