こんにちは。
ZOOMアカデミージャパン・テクニカルサポートの小川です。
ZOOMには、画面共有という機能があり、ここで、iPhoneやiPadの画面も共有できます。
このやり方を主催者セミナーでもお話しているのですが、実際にやってみると、できない!という場合があります。
そんなときの原因と解決方法をお話します。


iPhone・iPad を画面共有する方法は、

ZOOMマニュアル」⇒「各機能説明」⇒「画面の共有」に掲載されています。

https://zoomy.info/manuals/functions/screen-share/

 

ここでは、iPhone・iPad を画面共有ができない時の原因と解決法を記載します。

iPhone・iPadの画面共有ができない原因

まず、iPhone・iPadの画面共有ができない原因は、2つあります。

  1. iPhone・iPadが、パソコンと同じネットワークにつながっていない。
  2. ZOOMのバージョン、もしくは、プラグインのバージョンが最新ではない。
  3. プラグインのインストールに失敗している。

この3つのうち、①番の「iPhone・iPadが、パソコンと同じネットワークにつながっていない」というのは、iPhone・iPadの設定を確認してみて下さい。

パソコンをインターネットにつないでいるルーターと同じルーターでiPhone・iPadが、つながっているかですね。

ZOOMとプラグインの最新版を手動でインストールする方法

ZOOMでiPhone・iPadの画面共有をしようとすると、最初の一度だけ、プラグインのインストールを要求されます。

同じネットワークにつながっているはずなのに、共有できない場合は、ZOOMやプラグインが最新になっていない可能性もあります。

また、プラグインのインストールに失敗していることも考えれます。

そんなときには・・・

まず、ZOOMのダウンロードセンターにアクセスします。

https://zoom.us/download

ダウンロードセンターを下の方にスクロールします。

 

iPhone/iPad共有用Zoomクライアントプラグイン」をダウンロードします。

 

ZoomInstallerFull.exe」という実行ファイルがダウンロードされますので、これをダブルクリックして、インストールして下さい。

 

これをインストールすることで、ZOOM本体もプラグインも最新のものがインストールされます。

iPhone・iPadの画面共有ができないという問題は、これで解決できる可能性があります。

試してみて下さい。

募集中のセミナー・サービス