最近ね、「ZOOMはスカイプとどこが違うの?」という質問をよく受けるわ。
へ~。
・・・・で、あかりちゃんは、その質問にどう答えるの?
「ZOOMは、スカイプよりも機能が豊富で、できることが多いんです」って答えてるわ。
ZOOMをスカイプの機能強化版みたいなものだと思ってる人って多いよね。
でもね、それはぜんぜん違うんだよ。
え?
ぜんぜん違うの?
うん。
スカイプは、一対一でも、8人までのグループトークでも、みんな対等な立場だよね。
対等?
・・・・まあ、それはそうね。
でも、ZOOMは、違うんだ。
ZOOMは、主催者(ホスト)がミーティングを開催すということ。
そして、ホストはホスト権限によって、ミーティングをコントロールすることが出来るんだよ。
そもそも、ZOOMを何のために開発したのかっていう根本的な考え方が違うんだ。
そうなの?
たとえば、どんなふうに?
例えばマイクの性能なんかが原因で、ハウリングを起こしちゃう人がいるとするでしょ。
ハウリングは大音量で参加者みんなに迷惑になってしまう・・・
だから、ホストは、ハウリングしてしまう参加者の音声をオフにすることが出来るんだ。
ホストは、参加者のカメラをオフにすることもできる。
それに、ZOOMは、ミーティングの録画がワンクリックで出来るんだけど、自由に録画ができるのはホストだけ。
参加者が録画するときには、ホストの承認が必要なんだよ。
他にも、参加者を小グループに分けてそれぞれのグループで話し合ってもらうブレークアウトセッションなんかも、ホストがグループ分けをしたり、それぞれのグループに顔を出したりなんかできちゃうんだ。
つまり、セミナーやミーティングの主催者には、それなりの操作技術が必要になるってことなのね!
そうなんだよ。
ZOOMのホストは、セミナーやミーティングをスムーズに進めて、みんなが気持ちよく有意義な時間を過ごせるように、気を配る役割をしなきゃならないんだよ。
そうなのね。
つまり、ZOOMとスカイプは、全然別のもので、本来は比べる対象でさえ無いってことなのかもしれないわね!
その通りなんだよね。
ZOOMは、スカイプとは違う目的で開発された、まったく新しいソフトウェアなんだよ。


ZOOMとスカイプの違い

ZOOMとスカイプの機能の違いを、「ZOOMとSkypeの違い」にまとめてあります。

でも、これはあくまでも、ZOOMをスカイプと同じ土俵に乗せて、その機能的な違いを列挙しただけのものです。

ZOOMとスカイプを比べるというのは、ワードとエクセルを比べるようなもので、まったく意味のないことなんですね。

ズーミーが言うように、ZOOMとスカイプは、そもそも開発コンセプトが全く異なるソフトウェアなので、比べるという対象でさえありません。

ZOOMを知れば知るほど、ZOOMがなぜこの世に生み出されたのかが、よく理解できるようになります。

募集中のセミナー・サービス