この方法を書くのって、初めてかもしれません。
ZOOM体験セミナーでも、ZOOM主催者セミナーでも、これはやっていないし。
使う人は限定されている機能かな?とも思います。


 

ZOOMでも、SkypeやFacetimeのように、相手をコールしてつながることができます。

この機能を使うには、お互いがZOOMのアカウントを持っている必要があります。

 

ZOOMアプリで連絡先をクリック or タップ

パソコンでは、このウィンドーに相手のZOOMアカウントで使用しているメールアドレスを入力。

 

スマートフォンでは、右上の「+」をタップし、「連絡先の追加」をタップ。

相手のZOOMアカウントで使用しているメールアドレスを入力します。

 

これで、連絡先が追加されました。

相手が、オンラインになっているときには、「利用可能」と表示されます。

 

まだ、ミーティングルームが開かれていないときには、「ミーティング」と表示され、ここをクリックすると、新しいミーティングルームが立ち上がり、そこに双方が入ることになります。

 

既に立ち上がっているミーティングルームに招待したいときには、「ミーティングに招待」というボタンになっています。

ここをクリックすると、既に立ち上がっているミーティングルームに相手を招待することができます。

 

 

スマートフォンで連絡先をタップすると、このような画面になりますので、「ビデオ通話」「チャット」「無料通話」「画面共有」を選択して、相手先をコールします。

 

スマートフォンでコールを受けると、このような画面になり、Skypeと同じ着信音がなります。

 

パソコンでコールを受けると、このような画面になります。

 

パソコンでコールを受けられるのは、ZOOMが起動しているときだけです。

いつでもパソコンでコールが受けられるようにするには、パソコンのアプリで「設定」をします。

「Windows起動時にZoomを起動」にチェックを付けておきましょう。

 

ZOOMのこの使い方は、Skypeとほとんど同じですね。

便利な機能だとは思いますが、使う人と使わない人が明確に分かれる機能ですね。