ZOOMミーティングの参加者で写真を撮りたいときやパソコンの画面に映し出されたものをコピーしてマニュアルを作るときなど、スクリーンショットは欠かせない機能です。
ただ、このスクリーンショットの方法は、あまり知られていないようです。


 

パソコンの画面をコピーする機能をスクリーンショットと言います。

プリントスクリーンと言うときもありますね。

プリントスクリーンを撮るときには、「PrintScreen」とか「PrtScr」と書かれたキーや、Windowsキーを使う場合が多いです。

今回は、Windowsでプリントスクリーンを撮る方法とそれぞれの違いを5つご紹介します。

Print Screen(PrtScr)キー

Print Screen(PrtScr)キーを押すと、画面全体が、クリップボードにコピーされます。

次に、画像を貼り付けることのできるアプリに貼り付けます。

ペイント、Word、Excel、PowerPointなどで、貼り付けることができます。

Alt + Print Screen(PrtScr)キー

Altキーを押しながら、Print Screen(PrtScr)キーを押します。

フォーカスの当たっているウィンドーだけがクリップボードにコピーされます。

次に、画像を貼り付けることのできるアプリに貼り付けます。

Windowsキー + Print Screen(PrtScr)キー

Windowsキーを押しながら、Print Screen(PrtScr)キーを押します。

画面全体がコピーされると同時に、画像ファイルとして出力されます。

画像ファイルが保存される場所は、「ピクチャ」フォルダの下の「スクリーンショット」フォルダです。

C:\Users\[ユーザー名]\Pictures\Screenshots

Windowsキー + Alt + Print Screen(PrtScr)キー

この機能は、Windows10のみで有効です。

AltキーとWindowsキーを押しながら、Print Screen(PrtScr)キーを押します。

フォーカスの当たっているウィンドーだけが、コピーされると同時に、画像ファイルとして出力されます。

ここで注意です!!

画像ファイルが保存される場所は、上記とは異なり「ビデオ」フォルダの下の「キャプチャ」フォルダです。

C:\Users\[ユーザー名]\Videos\Captures

Shift + Windowsキー + S

この機能はWindows10のみで有効です。

ShiftキーとWindowsキーを押しながら、Sキーを押します。

画面全体が、白っぽくなるので、マウスでコピーしたい範囲を選択します。

マウスのボタンを離すと、選択範囲がクリップボードにコピーされます。

画像を貼り付けることのできるアプリに貼り付けます。